メインイメージ画像

オーディションの審査ではマナーにも気を付けよう

小さいころから夢見てきた有名人になりたいと思っている人も、大多数の方が試験を受けます。これは入学の試験に近いものになるのです。有名になりたいと思うのであれば、まず決まった会社に連絡をすることになるのです。その会社を通じてマイナーまたはメジャーのデビューをするケースが通例なのですが、万人がデビューできるとは限らないのです。必ずその会社の定められたオーディションの審査を受けて、一定の基準を満たした方のみデビューできる事になります。そしてその審査には、あらゆる基準があるのです。

基準は1つだけではないのです。

例えば、マナーなどは見られる事になります。審査員の方々に自分の芸をチェックしてもらう事になりますが、そのケースにはマナーなどが問題無いかどうかが見られるケースが基礎的です。ちなみにマナーに何らかの問題があると判定された際には、その段階で落とされるチャンスは高まります。また独自性なども見られる事が多いです。



元来審査員の方々は、どのような個性があるか判別しているケースは多々あります。他のデビュー希望者と違い、どんな個性があるかどうかを見極めている状況は多々あるのです。したがって優れている個性もアピールできた時などは、それだけでデビューで成功する確率も高まる傾向があります。

さらに有名になりたいと思っている業界によっては、しばしば演技が求められるのです。モノマネなどもその種類になり、いわゆる演技力などが試される事になります。

なりきって演芸できているかどうか等も、沢山厳しく見られる事が多いです。その為オーディションには、様々なチェックポイントがある訳です。それぞれのポイントの合計点によって得点が割出される事になり、それが一定の水準を上回っていれば、合格という事になります。結局は高校入試や大学入試に近いものになる訳です。つまりオーディションに応募している方々は、ある基準をクリアするために自分なりにあれこれリサーチしている場合も珍しくないです。

更新情報